le bois des chambres

書棚

published at 26/10/2022

この部屋は19世紀前半に、図書室として改装され、ブロイ公が『秋のサロン』と名づけました。装飾の大半は残っていません。1957年6月の火災によって破戒されたからです。

古い資料によると、壁全体は大きな花柄の黄色い布で覆われていました。棚や暖炉がありました。暖炉はピラスターや円柱、鎧姿の男の浮き彫り、彫刻のあるフロントンで飾られていました。

現在この部屋にはナポレオン3世時代の家具があります。中でも極めて稀なひとつは、『不謹慎』と呼ばれる椅子です。螺旋形の肘掛け椅子で、3人の女性がおしゃべりできます。

壁には、アレクサンドル・ル・グランの生涯での2つの逸話を表す2種類のタペストリーが並んでいます。このタペストリーは、ルイ14世の最初の画家であるシャルル・ルブランの下絵にちなんで、17世紀にマニュファクチュール・ロワイヤル・ドービュッソンが織り上げました:『ダリウス家の降伏そしてポーラスとアレクサンダーの出会い』。

 

アンリ=アメデ・ド・ブロイ王女の肖像

FRECC(ショーモンでのコレクションを充実させるための地域基金)を通じて、ショーモン・シュル・ロワール公有地所有地は、2017年11月に個人収集家からそのコレクションにとって重要な遺産としての関心が高い作品を取得しました。これは、シャルル・エミール・オーギュスト・デュラン、いわゆるカロリュス・デュランが1881年に描いた、24歳の扇子を持ったアンリ=アメデ・ド・ブロイ王女の肖像画です。

赤いベルベットの背景に肖像画が際立つド・ブロイ王女は、ホワイト・シルク・サテンのドレスを着ており、ウエストまでのVネックと袖のハンドルがベージュのレースで飾られています。金色のブレスレットを手首につけた彼女の左手は、カロリュス・デュラン自身のアトリエ(工房)にあった肘掛け椅子の背もたれの上に置かれています。肘を肘掛け椅子の背もたれに置いている彼女の右手には、ドレスの色を思い起こさせるダチョウの羽の扇子があります。

 

ショーモンに招待された音楽家たち

ブロイ公妃はしばしば、小さなオーケストラを編成する音楽家の友人たちを招待しました。彼女自身はハープを上手に奏し、公妃の娘マルグリット・ド・ブロイは才能ある画家であり優れた音楽家で、ボスコフ、フランシス・プランテ、プーランク、シャルル・ルバルギーなどの有名な人々を連れて城にやってきました。シャルル・ル・バルジは城での滞在の夢のような思い出をこう語っています。『あ、ショーモン城よ。なんという素晴らしさだろう。私は城で、英国王エドワード2世やポルトガル王ドン・カルロスのために演じたことを覚えている。ブロイ公妃は我々をパリからの特別列車で招いた。コメディー・フランセーズ全員、オペラ座バレー団、有名なジプシー・ボルディとマキシムの彼のオーケストラだ。』